人気の据え置き型浄水器はコレだ
2018年10月31日

浄水器の種類とメリット

普通の水道水を飲んでみると味や香りと言ったものを感じない人の方が多いかもしれません。

しかし同じ水でも水道水には塩素や他の様々な物質が含まれています。特に塩素はカルキ臭と呼ばれる独特の香りがします。しかし浄水器を使うと塩素や不純物を取り除いてくれて、美味しい水に生まれ変わるというメリットがあります。

浄水器には種類があり、それぞれにメリットがありますので、簡単にご紹介いたします。蛇口直結型は、ご自身でも簡単に取り付けが出来て、一番多く使われているタイプで、コンパクトなので場所を取らず、価格もリーズナブルになっています。また、据え置き型はシンクの上に置いて使用するタイプで、蛇口型よりも浄水機能が優れており、フィルタも大きいので交換する手間がかからないのがメリットです。アンダーシンク型は、シンクの下の配管に取り付けるタイプで、場所を取らずに設置できる点が特徴ですが、工事が必要な場合があります。

他にも手軽に浄水できるポット型や、キッチンやお風呂場のシャワーにもできるシャワー型、災害時に役立つストロー型などがあります。本格的な浄水器を取り付けたいのであれば、逆浸透膜(RO)方式の浄水器がおすすめです。3.11の震災時に問題視された放射性物質の除去機能も付いているタイプで、濾過装置には「放射性ヨウ素131」を通さない極小(0.5~2ナノメートル)の逆浸透膜が付いており、身体への安全を考えた場合は推奨される浄水器です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *