レンタルは、AEDを最も気軽に導入できる方法と言えます。リース契約などと違って希望する期間がどんなに短くても構いません。必要なときだけAEDを設置することが可能です。なお、レンタル料金には設備の維持費用に加えてメンテナンス費用なども含まれています。

そのため、レンタルで利用している限り自分でメンテナンスを行う必要がなく、快適に設備を使える環境を手に入れることができます。加えて、最新式の設備を導入しやすい点もメリットです。購入やある程度の期間使い続けなければならないリース契約と違って、成人と小児切り替えや機器の状態をモニタリングするLCD画面など、最新式の機能を搭載したモデルを気軽に導入することができます。また、使い続けるとバッテリーなどが必ず消耗するAEDは、定期的なメンテナンスや消耗品の交換を適切に行わなければ本当に必要なときに使えなくなってしまう事態が起こりえます。

特に購入時には注意が必要です。一方で、レンタルでの利用にあたってはそのような不安はありません。電極パッドやバッテリーの交換を定期的に行ってもらえるうえに消耗部品の交換もその料金に含まれているためです。ただし、期間によっては費用が高く付いてしまうことがある点には注意が必要です。

利用期間が長くなればなるほど購入したほうがお得になる可能性が高いと言えます。そのため、長期あるいは永続的導入を希望する場合にはレンタル契約はあまりおすすめできません。