テレビドラマや映画などでは、治療で心臓に電気ショックを与えるシーンが出てくることもありますが、こうした行為は医療関係者でしかできないと考えている人もいるのではないでしょうか。かつては、医療従事者しか使うことのできなかった医療機器ですが、現在では一般市民も取り扱えるようになり病院はもちろん、駅や空港、学校やスポーツジム企業など様々な施設に設置されています。AEDという名前で知られていますが、これは自動体外式除細動器の略で心室細動の状態になった心臓に電気ショックを与えることで正常なリズムへと戻していきます。AEDは使い方が難しいのではというイメージもありますが、操作方法は音声ガイドで教えてくれるので簡単に使うことができます。

そして、自動で心臓の動きを解析し、必要なときのみショックを与えてくれます。長期に設置しておきたい場合は、購入で用意することもできますが、例えばマラソン大会などスポーツのイベントがあるときなど、一時的に用意したい場合はレンタルも活用してみましょう。レンタルなら、数日など短い期間からAEDを用意することができますし、購入に比べるとかなり費用を抑えることもできます。レンタルは、数日程度の短期間だけではなく、多くの業者は数か月から数年など中長期の利用にも対応しています。

長期間に利用する場合は、リースのほうがお得になる可能性もありますので申し込む前には見積もりを取り料金も比較しておきましょう。