多くの駅や空港、学校や病院など公共施設から多くの人が働いているオフィスビルまで、簡易AEDが設置されていることは珍しくなくなりました。最近では家庭でも簡易タイプを設置して、万が一家族が心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態である心室細動になってしまった場合にも、救急車がくる前に緊急処置を行えるようになります。この心室細動の唯一の治療方法がAEDを含む除細動器で電気ショックを与えることであり、合わせて胸骨圧迫や人工呼吸を行うことで、1人でも多くの人をすくことができるようになります。では実際に家庭でAEDを設置する場合、購入かレンタルか導入方法に悩んでしまう方は少なくありません。

購入の場合AEDは患者の素肌に貼り付けて心電図を解析する電極パッドや、駆動源であるリチウム電池に有効期限があるので期限切れになる前に定期交換が必要とされます。そのため初期費用がかかってしまうことに加えて、定期的なメンテナンスや交換の維持費が発生することを理解しておきましょう。そこでメンテナンスや維持の手間を省きたいという場合におすすめするのがレンタルサービスの利用です。AEDのレンタルサービスは月額決まった金額を支払うことで、支払いをしている間はメンテナンスなどの全てのサービスが付帯しており、面倒な手続きを行う必要がなくなります。

このレンタル料金には消耗品などの諸経費も含まれるので、トータルコスト面では購入のほうが安くとも、メンテナンスと消耗品交換の手間を考えてレンタルサービスを利用する方が増えています。