女性特有のがんに「乳がん」「子宮がん」があります。この2つのがんは、20代~60代の女性の中で乳がん1位、子宮がん2位の確率でかかりやすいとされています。損理由の一つとして考えられているのが、がん検診の受診率です。乳がん・子宮がんは女性が最もなりやすいがんとされているにも関わらず、がん検診の受診率が非常に低いのです。

なぜ受診率が低いのでしょうか。従来乳がん検診の方法は、その40%が医師による触診のみでした。しかし2005年頃からマンモグラフィによる検診が併用されるようになり、現在ではほぼすべての自治体で導入されるようになりました。しかしそれでも受診率は1割強なのです。

これには自治体の実地体制がそれぞれ異なることが一つとしてあります。自治体によって年齢制限や生まれ年によって分類するなど、乳がんの検診を受けようとしてもすぐに受診出来ないといった事態が起こっているのです。また、自治体から受診案内が送られてきても気付かないケースもあります。クリニックでも検診を受けることは可能ですが、高額な費用が掛かるため受けない方もいるようです。

また、子宮がんに至ってはやはり女性の中では抵抗がある方も多いようで、検診の際に医師と顔を合わさなくても良いように、カーテンで仕切るなどの配慮をしていたりもされていますが、それでも特に20代~30代前半の女性にとってはかなり抵抗があるようです。このような問題点があるために、これらの検診の受診率が低くなっているとも言えるので、受診率を上げるためにも対策が必要です。AEDのレンタルのことならこちら