自分はアレルギー体質だといっても、それが珍しくないくらいアレルギー体質の人は多いです。それが皮膚に現れている症状がアトピー性皮膚炎です。それは小さなころから症状がでている人もいれば、大人になってから突然症状がでてくるという人もいます。いずれにしても、そのうちに治ると放置しているのは危険です。

痒みがでてかきむしっているうちに、肌の炎症がひどくなって血が出るようになるということになりかねないからです。それにはまずは、皮膚科に行く必要があります。皮膚科では症状によって飲み薬や軟膏を処方してもらうことになりますが、一般的にはステロイドを含む軟膏が多いです。ストロイドは魔法の薬ともいわれつけると劇的に症状が改善される薬でもあります。

ただ長期的に使い続けると副作用もあります。肌がごわついたり、血管がすけてしまうくらい肌のバリアが壊れてしまうこともあるので、自己判断でずっと使い続けるのは危険です。そのためにも定期的に皮膚科に通って自分の肌の状態を診断してもらう必要があります。またしばらく調子がいいからと、病院にいかないでいると症状がぶり返してしまうということもありますから、定期的にいくことが必要です。

墨田区近くに住んでいるという方は、皮膚科も墨田区で探していくことが望ましいです。家からあまりにも遠いといくのが億劫になることが多いです。墨田区には皮膚科も多いので、自分にあう病院をみつけていくことが大切です。