頭痛外来とは文字通り、頭痛に特化した専門診療科目です。この存在があるということは、それだけ頭痛に悩んでいる方が多いとも言えます。風邪や疲れなどからくる一時的な頭痛であれば心配はありませんが、中には慢性的に生活の質を落としてしまう片頭痛や緊張性頭痛、目がえぐれるほど痛い群発頭痛、脳卒中の前触れや軽い発作など侮れないものも存在するので、一度は専門医を受診しておいた方が良いでしょう。頭痛外来での診察はまず丁寧な問診をします。

群発頭痛は比較的わかりやすいのですが、緊張性頭痛と片頭痛はなかなかに紛らわしく、中には併発している方も少なくありません。また、片頭痛なんですと自分で言ってしまう方の多くは実は緊張性頭痛であり、さらに慢性的な痛みに耐えかねて市販の薬を常用するあまりに薬剤性頭痛になってしまったりと、厄介なほどにこじらせている人も多いのが実情です。これらを見分けるために丁寧な問診が欠かせないのです。特に慢性頭痛の見分けは他の科目の医師には難しく、頭痛外来等の専門分野の医師でないとなかなか確定診断はつきません。

緊張性頭痛か片頭痛かを見分けるポイントには肩こりや腰など筋肉のコリがあるかどうか、ストレスがたまっている時に出るか解放された時に出るか、頭痛以外にめまいや吐き気もしくは嘔吐、胃の不快感、光や音や匂いに対する花瓶や恐怖症など、いわゆる頭痛とは関係なさそうな症状がポイントとなります。そのため、どうしても頭痛に詳しい医師の診察が欠かせません。もう一つ見落とせないのが命に関わる脳梗塞や脳出血といったいわゆる脳卒中が隠れているかどうかで、これらと判別するためにCTやMRI、MRAといった検査も一通りする必要があります。なお、頭痛外来にかかりたいけど近所にないという場合は大きな病院の神経内科で専門対応可能です。

それもなければ脳神経外科を探して受診しましょう。