いろいろな薬が世の中に出回っていますが、その前に安全性についてしっかりと調べています。治験と言うと高いバイトのようなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、新薬の安全性をチェックするためにとても重要なことです。人間の体を使ってどのような効果があらわれて、副作用が出るのかなどを調べる必要があります。日々、新薬の開発が行われていますが、長い時間が必要ですしお金もかかります。

良い薬ができたと思っても、安全性がなければ世の中に出回ることもありません。重い副作用が出てしまい、かえって体に悪いようであれば治療に使うことができませんので、動物実験を行います。動物実験によってある程度の安全性を確認してから人間の安全性を確認します。そこで治験が行われるわけですが、すでにその薬を治療するための病気を患っている人が使うこともありますし、健康な人が行うなどいろいろです。

かかりつけ医から勧められた経験がある人もいるでしょう。病気を安全に治すことができるかどうかを調べるために、医師から患者に勧めることもあります。治験で問題がないことが確認されて、ようやく一般的に使われるようになります。長い道のりとは言え、副作用のことを考えるとこれくらい慎重に行わなくてはなりません。

なぜ、新薬がとても高いのかはこれだけ大変な過程を経ているからです。とても大変なことですが、多くの人が治験に携わることでもっと新薬が開発されやすくなるかもしれません。