内視鏡検査というと、必要なことだとわかっていても苦痛を伴う時間が嫌だという人は多いことでしょう。できるだけ楽に済ませたいという人におすすめなのが、両国にあるクリニックです。鎮静剤を使用し、眠りながら内視鏡検査を受けることができるので、苦痛を感じずに済みます。また、鼻からの内視鏡であれば、鎮静剤なしでも比較的楽に受けることができます。

通常の人間ドックだと、胃を調べるのはバリウム検査がまだ主流です。しかし、これだけでは悪くなっているところを全て明らかにすることはできず、また、もし異常箇所が見つかった場合には胃カメラでの検査が必要となります。そのため、最初から内視鏡を選択するという人も増えてきています。両国にあるクリニックでは、さらに進んだ技術を取り入れています。

狭帯域光観察というもので、粘膜表層の毛細血管や、粘膜微細模様を強調表示することにより、腫瘍の発見や診断を向上させることができるのです。早期に異常を見つけ出すことができれば、その分治療にも速やかに取り掛かることができます。両国駅からほど近いところにあるこのクリニックは、利便性の良さと技術力の高さにより、地元の方だけでなく遠方から受診される方もいます。女性専用の待合室が用意され、デリケートな検査の際にも安心して待ち時間を過ごすことができるようになっています。

健康を維持するために、十分な設備のあるところで定期的に適切な検査を受けることが大切です。