・ソ トルコリラを取引するときの注意点

トルコリラを取引するときの注意点

トルコリラは世界でもトップクラスに金利が高い通貨のため、金利目的の投資家に非常に人気がある通貨です。
しかしトルコリラは良いところだけではなく、注意しなくてはならない点もあります。

まず、新興国通貨全般に言えることですが、流動性が低いため、急激な価格変動を起こすことがあります。
FXで高いレバレッジで取引をしていると、金利の利益以上に損失を生む可能性があるため、証拠金やポジションには注意が必要です。

トルコはイスラム圏と接しており、地政学的リスクがある国です。

最近では少し落ち着きを見せていますが、それでもイスラム国のテロ活動やOPECの足並みが揃わない問題はトルコリラへ波及してくる可能性があります。

トルコ国内もイスラム教が大多数を占めています。
また、トルコはEU加盟を目指しています。



最近ではEUの影響力の低下から協議は停滞していましたが、2015年12月から再び協議が再開されました。

EUに加盟することになればトルコリラにも大きな影響があり、ユーロを通貨とすることになればトルコリラは廃止されることになります。

goo ニュースの情報をお知らせします。

EU加盟は経済的にマイナスになるようなニュースではありませんが、将来のトルコが抱えるリスクとしては把握しておかなくてはならない問題です。



金利が高い通貨はたびたび政策金利の見直しも行われやすいため、将来に渡って現在の金利が維持されるとは限りません。


リスクを分散するためにも1国の通貨ではなく、複数の国の通貨を購入したほうが良いでしょう。